「 増えている糖尿病」
菱川内科クリニック 菱川 留王 医師 
 
 近年、糖尿病の患者さんの数が増えています。

  平成14年の全国の調査では、糖尿病あるいは糖尿病の疑いを否定できない人の総数が1,600万人を超えると報告されています。

  糖尿病はかつて「贅沢病」といわれた時代もありましたが、現在は食生活や生活習慣の変化により増加の一途をたどり「国民病」ともいうべきものになっています。糖尿病は当初、自覚症状がほとんどないため、その発見には定期的な検診が欠かせず、さらには糖負荷試験という精密検査を要することもあります。

  糖尿病が厄介なのはこれを放置していると、種々の合併症をひき起こしてしまうことです。

  糖尿病の三大合併症と呼ばれる網膜症・腎症・神経障害はそれぞれ失明や人工透析の導入、足の切断といった重い障害につながる可能性があり、動脈硬化の進展により心筋梗塞や脳卒中などの発症もおこりやすくなります。

  逆に早期に適切な治療を受けることにより、通常の人と同じような生活を送り天寿をまっとうすることも可能となります。

  治療に関しては食事療法と運動療法が基本となりますが、場合によっては薬物の手助けが必要です。

  飲み薬に関して作用の異なった種々の薬が開発され、個々の病状病態に応じた使い分けがなされます。

  インスリン注射の治療も以前に比べ簡単な器具の開発に加え、作用時間の異なる薬剤が続々と開発され血糖値のきめ細やかな調節が可能になっています。

  くれぐれも糖尿病を放置することなく定期的な検診と診察を受けるように心がけてください。
BACK

 Copyright(C)2004-2007 Sumoto City Medical Association All Rights Reserved.