CLは医療用具
藤井眼科 藤井啓誠 医師 
 
 日本では現在1千万人以上の人がCL(コンタクトレンズ)を使用しています。メガネより見え方が自然であること、スポーツの時に邪魔にならないこと、また美容上の問題などから若者を中心に広く受け入れられています。また最近は値段の安い使い捨てレンズやオシャレ感覚のカラーレンズの登場で、より若者層にユーザーが拡がっています。

 しかしCLはあくまで角膜(くろめ)に直接着ける異物です。使用方法を誤ったりケアを怠ったりすると角膜に傷をつけてしまい、場合によっては視力障害を残してしまう事もあります。CLは手軽で便利な反面、目のトラブルを起こす危険性も大きく専門医のもとで処方を受け定期検査を必要とする医療用具クラス掘平澗,離據璽好瓠璽ーと同等の高度管理医療機器)に指定されています。

 CLの処方にあたっては視力、角膜の大きさ・カーブ・細胞数、目やまぶたの形状、涙の量等の各種検査が必要です。そして、その人の使用目的を考慮して適切なレンズを選びます。最後に充分な装用指導を行い、はじめてCLが処方・購入されるわけです。安易なネットや通販での購入は論外です。例えば成長期の中高生では視力も変動しやすいため、同じ規格のCLをずっと使用し続けると合わなくなってきて、目が疲れやすくなり根気がなくなり学校の成績にも影響することがあります。また社会人は、CLの装用時間が長くなりがちで、しかも普段から目を酷使することが多いため自覚症状がなくても目の恐ろしい病気が進行している場合もあります。

 目のありがたみはなかなか自覚されませんが、目はかけがえのない重要な器官です。CLが医療用具であることをよく理解した上で、正しく使用してこそ目の健康が守られ快適なコンタクトライフが得られるのです。 
 
BACK

 Copyright(C)2004-2007 Sumoto City Medical Association All Rights Reserved.