「手指の切り傷」
木村医院 木村一郎医師 
カッターナイフ、包丁、割れたガラスなどで指を切ったときの応急処置について説明いたします。

 まず出血の止め方ですが、受傷後パニックに落ち入らないで勇気を持って傷をよく見ることが大切です。一番血が噴き出ているところの真上をガーゼなどで押えて下さい。少なくとも一から二分間で血は止まります。肝臓が悪かったり、脳梗塞予防の血をサラサラにする薬を飲んでいたりする人は五分間くらいかかることもありますが必ず止まります。血が止まらないといって受診される人の多くは傷の真上を押えずに指の根っこの方を輪ゴムで縛っておられます。この方法だとよほどきつく縛らないと、動脈の血流が遮断されず静脈の血流だけが遮断され、増々血が噴き出すことになります。むしろ何もせず手を心臓より高く上げるだけの方が血が止まりやすいかもしれません。

 次に洗浄ですが、水で洗い流すのがよいでしょう。
 外科の教科書には「傷の中に入れてよいもの=自分の目の中に入れられるもの」と書いてあります。仕上げは傷を元の状態に戻すことです。指紋や皮膚のしわにそって元にもどせれば言うことありません。※ステリストリップを使うと便利です。最後は包帯で適度な圧をかけて巻いて終了です。
 一センチ以上の傷や、すじ(腱)が切れた感じのする傷、きたない傷の場合は病医院を受診してください。あと、化膿止めは受傷後早いめに飲む方が効果があります。
BACK

 Copyright(C)2004 Sumoto City Medical Association All Rights Reserved.